構造別に見る賃貸の特徴

シェアハウス賃貸で暮らすという近年増加中の生活スタイルに注目。そのメリットを通常の一人暮らしと比較します。

シェアハウス賃貸で暮らすメリット

構造別に見る賃貸の特徴
賃貸暮らしの中で、シェアハウスという言葉を近年よく耳にしないだろうか。複数の個室のあるマンションや戸建ての小部屋が一人一人にあてがわれ、キッチンやバスルームを他の住民と共有するというものです。他人と暮らすことに抵抗があると思われる人は多いかも知れないが、シェアハウスに暮らすメリットとしてまず、一人暮らしの引っ越しに伴う莫大な費用を抑えることが出来ます。それが、敷金と礼金です。基本的に、礼金はなく、敷金の代わりに一、二か月分の家賃を預かり金として、入居前に支払うのだが、シェアハウスの場合、更新期間が二年といったように長くは設けられていません。部屋も常識的にみて清潔に使用すれば、預かり金も退出時に戻ってきます。そのため、シェアハウスでは賃貸物件に比べて気軽に引っ越しが出来るところもメリットと言えます。

もう一つ、シェアハウスに暮らすメリットとしてセキュリティの点が挙げられます。女性の一人暮らしには何かと危険がつきものです。シェアハウス自体も、女性しか入居出来ない所が多くあり、入居者が男性だけのシェアハウスと比較すると、家賃相場は高くなりますが、それでも圧倒的に一人暮らしの賃貸物件よりも家賃を抑えることが出来ます。夜遅く終電で帰宅しても、同じ家に女性のシェアメイトが居れば安心出来るでしょう。

Copyright (C)2017構造別に見る賃貸の特徴.All rights reserved.