構造別に見る賃貸の特徴

賃貸住宅を探して入居する場合に新築よりも築年数の多い物件を探す方が経済的にも有利ということを書きました。

賃貸住宅選びでの家賃の比較

構造別に見る賃貸の特徴
賃貸住宅の物件探しでは、やはり築年数が少ないほうが家賃も高くなる傾向になります。それは購入する場合と同じですが、新築と比べるとマンションでも築年数が15年以上だとだいぶ家賃も下がります。購入でも5割ぐらい安くなる物件が多くなる築年数ですから、賃貸経営での家賃の価値も下がってくるのは当然だと思います。購入する場合と賃貸住宅として利用する場合では、購入する場合よりも気軽に借りることが出来るということがあると思います。住むぶんには住みやすければ、築数年でも十数年でもあまり気にしません。それは新しいほうが良いでしょうが、それでも慣れてしまえば自分の所有でもないので、家賃が高いだけメリットも少なくなるという感じのほうが大きいように思います。

また住んでみると築年数が多くても素晴らしい住まいはたくさんありますし、インターネットの体験談でも、そのような住みやすい築年数の多い住まいに住んでみて驚いたという感想も多くありました。賃貸住宅の場合には、築年数ではなく内見での住みやすさや環境などから判断するのが良いように思います。また都会の場合には交通の便ということで、主要駅よりもその隣の駅等のほうが家賃が安くなりますので、その点も考えてみて選ぶべきではないかと思います。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017構造別に見る賃貸の特徴.All rights reserved.