構造別に見る賃貸の特徴

賃貸での新生活を迎えるその前に、少しの事前準備をすることでより快適な環境を整えることができます。

賃貸への引っ越し前にしておきたいこと

構造別に見る賃貸の特徴
賃貸物件も決まりあとは引っ越しをして新生活を待つばかり。新生活に心躍らせながら引っ越し業者が家財を搬入するのを待つその前に、ぜひしておいた方がよい「事前準備」についてご紹介します。これからご紹介する事のポイントは、引っ越し業者が来る前に行うことが効果的なため、できれば入居日の午前半日ぐらいを割り当て、午後に引っ越し業者の搬入を依頼すると良いかと思います。

まずは新居の確認です。フローリングや建具などに傷がないか、カーペットやクロス(壁紙)にシミや汚れがないか、設置されている備品に破損や不具合がないかを確認しましょう。確認して気になる箇所があれば写真などで記録を残し、できるだけ早めに不動産屋へ伝えたほうが良いです。これは退去時に自己負担を軽減し、敷金の戻りを多くするためにも大切です。次に簡単に掃除をしましょう。大抵の場合は退去時と入居時にクリーニングが入りますが、部屋の隅や棚など行き届ききっていない時もあります。このまま家財を搬入してしまうと場所によってはそのままとなりますので、まっさらな部屋の状態で一度掃除をすることをお勧めします。最後に防虫対策です。ボタンを押すと霧状の薬が噴射されて部屋中にいきわたるものです。これも家具や食器などを搬入した後での使用はなかなか手間がかかりますので、事前処置がお勧めです。

そのほかにもいろいろと事前にやっておいたほうが良いことはたくさんあるかと思いますが、以上に挙げたこともご参考いただきながら、より快適な新生活を迎えられるようご準備下さい。

Copyright (C)2017構造別に見る賃貸の特徴.All rights reserved.