構造別に見る賃貸の特徴

賃貸を借りるには連帯保証人が必要です。条件は厳しく、むしろ本人以上に信用のある人物でなければなりません。

賃貸を借りる際の連帯保証人

構造別に見る賃貸の特徴
賃貸の部屋は、誰でも借りられるわけではありません。入居するためには条件があり、審査もあります。収入や勤務先の安定度など、いろいろありますが、最も重要なのは連帯保証人と言ってよいでしょう。本人にいくら高い収入があっても、連帯保証人不要という話にはなりません。一部保証人不要の物件はありますが、民間の賃貸に入るには必ず保証人を立てなくてはならないと思っておいたほうが良いでしょう。これは家主の立場になってみれば、当然だと分かります。いくら本人に信用があっても、今は一流企業でも破たんする時代ですし、本人が行方不明になる可能性だってあります。万一の時に責任を取れる保証人を立ててもらうことは、家主にとって譲れない条件です。

保証人は誰でも良いというわけではありません。むしろ本人よりも信用のある人物でなければなりません。通常は2親等以内の親族で、本人よりも収入が多いことが条件です。親や兄弟、祖父母くらいまでの身内で、かつ安定収入があるということになりますので、ハードルは決して低くありません。またあまりに遠方ですと、それだけで断られる可能性もあります。どうしてもなってくれそうな人がいない時は、保証会社も視野に入れなければなりませんから、保証会社を保証人の代わりにできる賃貸を探さなくてはなりません。

Copyright (C)2017構造別に見る賃貸の特徴.All rights reserved.