構造別に見る賃貸の特徴

賃貸に住むときは、なるべく大家さんと仲良くして連絡を取り合うのがいいです。いざというときにも安心です。

賃貸は大家さんと仲良くするのが吉

構造別に見る賃貸の特徴
賃貸アパートに暮らしていても、大家さんの顔も見たことがない、という人が最近は多いと思います。不動産屋さんを通じて借りて、それっきり管理会社や大家さんとは連絡を取らないこともしばしばです。昔は、大家さんが近くに住んでいたりして、家賃も手渡しだったので月に一度は顔を合わせたものです。そのたびに「不自由なことはありませんか?」とか、学生さん相手なら「ご飯はちゃんと食べてるの?」などと会話があったのです。そういうふれあいのようなものは、最近では少なくなっているのでしょう。

今でも大家さんが近くに住んでいたり、場合によっては同じ建物に暮らしていたりする物件もあるので、そういう場合には仲良くしておきましょう。といっても、会ったら挨拶をするとか、実家から果物が送ってきたらそれをお裾分けに行くなど、ちょっとしたことでもいいのです。大家さんと顔を合わせておくことで、親しみが生まれ、言いにくいことがなくなります。例えば少し隣がうるさかったり、水の出が悪かったりすれば、空気を壊さず何気なく伝えることが可能になります。結果的には自分が暮らしやすくなり、プラスに働くのです。大家さんも、顔も知らない店子よりも顔を知っている店子の言うことなら、親しみを持って受け入れてくれます。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017構造別に見る賃貸の特徴.All rights reserved.