構造別に見る賃貸の特徴

賃貸で部屋を借りるときは、部屋を探してから入居申込書を出して、貸主との間で契約を結ぶ必要があります。

賃貸で部屋を借りるときの流れ

構造別に見る賃貸の特徴
賃貸で部屋を借りるときは、最初に専門の情報誌やサイト、それに不動産会社の店頭などで、希望の物件情報を集めることから始めます。このとき、希望のエリア、賃貸条件などの要望をまとめておくと探しやすいでしょう。物件を下見するときは、住まいの設備状況や賃貸条件などを担当の営業マンにしっかりと確認しておく必要があります。気に入った部屋が見つかった場合は不動産会社に入居申込書を提出します。書式は不動産会社によって多少の違いはありますが、住所、氏名、年齢、職業、年収などを記入するのが普通です。

そしてその後は入居審査が行われることになりますが、ローンやクレジットカードの審査とは違って専門の機関が行うことはありません。一般的に賃貸での入居審査は不動産会社と家主で行うものです。また、審査の基準となるのが、職業、収入、家族構成、保証人などです。そして、実際に部屋を借りる場合は、貸主との間で賃貸借契約を結ぶことになります。この契約をしてはじめて、賃貸生活がスタートし、入居後は毎月家賃を支払っていくことになるのですが、契約時には敷金や礼金などを支払うのが普通です。これらは家賃を基準にして、何か月分と決められるのが一般的です。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017構造別に見る賃貸の特徴.All rights reserved.