構造別に見る賃貸の特徴

入居したい賃貸が見つかったら、まずは入居申込書を書いて家主さんに審査をしてもらうことになります。

賃貸に入居する前には入居審査が

構造別に見る賃貸の特徴
いくつか部屋を見てまわり、気に入った物件があったとしても、こちらの意向だけで賃貸に入居できるわけではありません。まずはこちらが物件を決めることが先決ですが、その後は貸す側、つまり賃貸の家主さんが貸すかどうかの判断をするため審査をします。つまり部屋を決めてすぐに契約とはいきません。審査の期間も考慮して部屋探しをしていかなければなりません。入居審査は入居の申し込みをしてから行われます。大抵は入居申込書というひな形が用意されており、そこに住所や勤務先、連帯保証人などを記載することになります。調べられますので虚偽を書いても無意味です。

入居の申し込みは契約ではありませんので、こちらからも先方からもまだ撤回は可能です。しかし申し込みをすれば家主も仲介会社も入居することを前提に動き始めますので、本当に入居したい物件でなければ申し込みをするべきではありません。申込金を要求されることがありますが、これは電話一本で撤回されないための保険のようなもので、不当ではありません。契約に至らなければ戻ってきますが、契約後は撤回しても違約金として返金されないのが一般的です。そのあたりは申込金を支払う時点で確認しておきましょう。

Copyright (C)2017構造別に見る賃貸の特徴.All rights reserved.