構造別に見る賃貸の特徴

賃貸契約書はとても重要ですので、契約を交わす前によく目を通しておきましょう。家賃や退去時のルールは重要です。

賃貸契約書で必ずチェックしておきたいポイント

構造別に見る賃貸の特徴
賃貸物件に入居する前には必ず契約書を交わします。家賃の金額や支払い方法、管理費のほか、退去時のルールなど、重要なことが記載されています。契約書に署名、捺印すると、その内容に納得しました、ということになりますので、サインする前に必ず内容に目を通すようにしましょう。特に家賃の交渉をして当初よりも下がった場合は、必ず下がった金額になっているか確認しましょう。なっていなければ、契約書の内容が正となりますので、交渉した意味がなくなります。もちろん月々の管理費の金額も間違いないか確認しましょう。

賃貸住宅は、付随している設備の故障については、借主の故意や過失がない限り、家主負担で修理することになっています。そのため何が設備になっているのかが重要です。設備についても賃貸契約書に記載されています。風呂やトイレ、給湯設備等は当然設備扱いです。また賃貸契約期間と更新方法についても確認が必要です。賃貸契約は通常2年間となっており、更新する際は更新料が必要な地域もあります。途中解約の方法やその際違約金が発生するかなどのルールにも目を通しておきましょう。また退去する際の通知期限も重要です。1か月〜2か月前が一般的です。電話ではなく文書での通知が必要なこともあります。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017構造別に見る賃貸の特徴.All rights reserved.