構造別に見る賃貸の特徴

賃貸住宅を退去する際は、ホームクリーニングまでは必要ありませんが、念入りに掃除をするのが礼儀です。

賃貸退去時の清掃は最低限の礼儀

構造別に見る賃貸の特徴
賃貸住宅を退去する際は、できる限り綺麗に清掃するのが礼儀です。家主のほうで改めてホームクリーニングはするでしょうし、清掃をしていないからといってその分余計に費用を請求されるようなことはないでしょうが、油汚れや排水溝の髪の毛がそのまま、というのでは貸したほうもいい気はしないでしょう。日頃から綺麗に使っていれば大して苦労もないでしょうが、あまり掃除が行き届いていない状態ですと、退去時の清掃は大変です。しかし退去の立ち合いまでに清掃しておけば、日頃から綺麗に使っていなくても分かりません。そのままにしておけば、相手に嫌な思いをさせるだけでなく、これまでの使い方も良くなかったことが分かるでしょう。

最近ホームクリーニングのチラシがよくポストに入っています。利用例として、年末のお掃除や新居に入居する際、と同時に賃貸退去の際の清掃に、と書いてありました。確かにプロのホームクリーニングまですれば、家主さんは喜ぶでしょうが、私はそこまでする必要はないと思います。よほど部屋が酷い状態になっていれば別ですが、普通に使用していたのであれば、市販の洗剤等を使って掃除するだけで充分です。床のワックスがけ、換気扇を外して掃除、など徹底的にするとなると、半日くらいはかかります。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017構造別に見る賃貸の特徴.All rights reserved.