構造別に見る賃貸の特徴

全国で、防災について各自治体が呼びかけています。賃貸も分譲も同じ町の人と協力して、防災訓練をしています。

賃貸も、町の人と協力して避難。

構造別に見る賃貸の特徴
年々、防災に対しての意識が強くなっています。全国の各自治体でも、様々な取組をしています。訓練は大切です。いざというときに備えて、避難指示が出ればどうするかを確認します。海などが近くにある町では、とにかく津波の心配があります。地震などが発生して、津波の恐れがある場合は、高いところへと非難するようになっています。その場合、賃貸も分譲も関係なく、避難指定のある建物には誰でも入ることができます。避難指示が出たとして、訓練が行われました。海側の人たちが、高い山の方へと集合します。各自治体の人が、どの世帯に補助が必要かなど、前もって聞いています。

こうして、いくつかの場所を決め、山側へとみんなで避難しました。賃貸と分譲に関係なく、こういった防災に関することは日ごろから一緒に取り組むと良いです。わたしもそのおかげで、近所の人と知り合うことが出来ました。防災の知恵として、日ごろからご近所とのコミュニケーションは大切です。いざというとき、取り残されないためです。自分の存在を知ってもらうことが大切です。そして、避難通路の確保です。これは、どこにいってもあります。お店でも、賃貸でも分譲でもあります。その場所をいざというときのために、通りやすくしておくことです。こうしたことは、自分の住む場所で日ごろから確認しておくとよいです。

Copyright (C)2017構造別に見る賃貸の特徴.All rights reserved.