構造別に見る賃貸の特徴

賃貸のコーポの1階に住んでいますが、小さな裏庭もありますし、とても快適な暮らしが出来ています。

賃貸のコーポに住んでいますが快適です

構造別に見る賃貸の特徴
賃貸のコーポの1階に住んでいます。持家が欲しいと思っていますが、しっかりと貯蓄が出来るまで賃貸に住もうと考えています。2LDKという間取りでコンパクトなのですが、とても住みやすくて快適です。コーポの1階に住んでいますので、裏庭が利用できるというのが嬉しいです。洗濯物や布団を干すときにも利用できますし、家庭菜園なども出来ます。お部屋以外にも利用できるスペースがあるというのは、とても助かりますし、とても得した気分になります。

賃貸のコーポに住むメリットとしては持家とは異なり、固定資産税が発生しないということです。分譲マンションであれば修繕積立費や管理費が必要となりますが、家賃意外にそういった費用が発生しないというところがメリットです。つまり、コストパフォーマンスがとても良いです。また、自動車用の駐車場も近くにありますし、とても住みやすさを感じています。

賃貸のコーポやアパートに住むのであれば、1階の角部屋が良いと考えています。1階であるが故に、お庭が利用できることが多いです。また、角部屋であれば同じ施設に住んでいる隣近所の騒音を気にすることはありません。ですが、1階は人目につきやすいので、セキュリティ面をしっかりと考慮することが大切です。

Copyright (C)2017構造別に見る賃貸の特徴.All rights reserved.