構造別に見る賃貸の特徴

スペースの限られた賃貸のダイニングにおいて、適したダイニングテーブルの形についてまとめてみました。

賃貸のダイニングにおけるテーブルの形

構造別に見る賃貸の特徴
ダイニングセットを配置できる広さのキッチンをダイニングキッチンと呼びDKと表記されます。更にリビングセットまで配置できるものをリビングダイニングキッチンと呼びLDKと表記されます。単身者の場合は2DKか1LDKの間取りの賃貸物件が広さや家賃のバランスから人気が高いですね。ただこれらの物件はやはりある程度スペースが限られるため、配置するダイニングセットの選び方にはおさえておくべきポイントがあります。

ダイニングセットとは基本的に食事を行うためのテーブルとイスを指します。そしてこのテーブルは丸か四角い形のタイプが多いですね。それでは2DKや1LDKといった賃貸においてはどういったタイプを選ぶと良いのでしょう。まず、省スペースを優先して壁に沿ってテーブルを配置したい場合には四角いタイプのテーブルが良いでしょう。カウンターのように1辺にのみイスを並べる形がすっきりとまとまります。

一方、ダイニングスペースの主役として中心に配置したいなら丸いタイプがお勧めです。丸いタイプは辺の数による制約が無いため、イスの数を増やせば多めの来客に対応しやすいというメリットがあります。また、ダイニングテーブルをワークスペースとしても使いたいという場合には机に準じたイスとテーブルの高さのバランスで選ぶ事がポイントです。

Copyright (C)2017構造別に見る賃貸の特徴.All rights reserved.