構造別に見る賃貸の特徴

借りている賃貸住宅から退去することになった場合は、何から行えばよいのでしょうか?連絡する期日を確認しましょう。

賃貸住宅から退去するときは

構造別に見る賃貸の特徴
入居している賃貸住宅から退去することになったら、手続きなどはどのように進めていけば良いのでしょうか?退去までの流れについて確認してみましょう。初めに行うことは、賃貸住宅を管理している会社に退去の連絡を入れることです。退去の連絡はいつでもいいということではありません。一般的には退去する日の1ヶ月前までに連絡することになっていますが、物件やオーナーによって条件が違うこともあるので、必ず契約書を確認しておく必要があります。借りている物件が住宅ではなく事務所や店舗などの事業用物件の場合は、退去の6ヶ月前と決められている場合もあります。

指定された期日を過ぎなければ何の問題もありません。しかし、期日を過ぎてから連絡した場合は余計な家賃を支払うことになってしまうので気を付けましょう。連絡の方法が電話のみの場合と、直接事務所に行って書類を出さなければならない場合があります。管理している会社の事務所が遠い場合は、事前に連絡を入れて届けてもらうという方法もあります。あとは退去日に立ち合いが行われるまでは、特に手続きをする必要はありません。その間は引越し業者の手配や水道、電気、ガスの手配を済ませておきましょう。

Copyright (C)2017構造別に見る賃貸の特徴.All rights reserved.